富山県民ボランティア総合支援センター

とやまボランティア・NPOナビ

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする
  • お問い合わせ
  • TOP
  • サイトマップ
  • このサイトについて

県内NPO法人

たてやましぜんほごねっとわーく

立山自然保護ネットワーク

活動分野  
この法人は、広く県民のために、立山連峰一帯で動植物等の調査研究や環境整備等に関する事業を行い、自然環境の保全及び環境教育の推 進に寄与することを目的とする。

団体を立ち上げた思い

1971年6月に立山黒部アルペンルートの前線開通により、登山者や観光客の急増が予想されました。入山者数の激増に伴う自然破壊を憂えた富山県内の山岳関係者や研究者、市民など山と自然を愛する幅広い人々が立山連峰の貴重な自然を守り伝えようと終結し、1971年11月に「立山連峰の自然を守る会」が設立されました。その活動を受け継ぎ2004年2月、新たに「NPO法人立山自然保護ネットワーク」を立ち上げました。

活動の目的

広く県民のために、立山連峰一帯で動植物等の調査研究や環境整備等に関する事業を行い、自然環境の保全及び環境教育の推進に寄与すること。

主な活動

・調査研究(ブナ活力度調査・立山自然生物定点調査・モニタリングサイト1000里地調査
・環境整備(立山における外来植物除去作業)
・環境教育(四季の自然観察会、講演会の開催)

活動実績

・アルペンルートのマイカー乗り入れ永久禁止を求める運動をしています。発足当時は3万人を越す署名を国と県に提出し、こうした申し入れにより現在もなおマイカー規制は継続されています。
・日本自然保護会議を5年毎に開催しています。(2011年には7回目を開催予定)
・調査活動の結果に基づいて行政に提言をしています。
・自然観察会等による市民への啓発活動を行っています。

今後の目標

立山をはじめ、富山県内外の生物多様性の保全・保護

ひとことPR

富山県の生物多様性の保全活動、樹木の活力度調査、動植物などの調査活動、自然観察会・自然保護講座などの開催、立山の外来植物除去作業

概要

所在地富山市呉羽富田町4252-7 増田方
TEL090-7744-8614
FAX076-434-3891
URL[URLはこちら]
E-mail 
代表者横畑 泰志
担当増田 準三
設立時期1971年11月(NPO法人格取得:平成16年2月)
認証年月日H16.2.13
活動人数理事10人/正会員39人/準会員64人
主な活動地域県内全域
主な活動日1年を通して活動
年会費正会員3,000円、準会員2,000円(全て1口)、子ども1,000円
会報等発行物立山自然保護ネットワークだより