2019.10.23

立山黒部ジオパークシンポジウムのお知らせ

『富山の宝もの』の「保全」と「活用」をテーマにしたシンポジウムを開催します。ジオパークでの保全の取り組みについての講演や、『宝もの』を守りながら活用するために、「国立公園」と「ジオパーク」の役割についてパネルディスカッションを行います。

◇ ◇ ◇


”富山の宝もの” を活用するために、今できること

日時:11月19日(火)13:30~16:30(開場:12:30)
会場:TOYAMAキラリ キラリホール
※入場無料
※事前の申込みが必要です(申込締切:11月11日(月))

申込は、立山黒部ジオパーク協会まで →リンク先参照

■基調講演

「糸魚川ユネスコ世界ジオパークの保全への取組み」
 講師:竹之内 耕 氏(フォッサマグナミュージアム館長)

■パネルディスカッション

「中部山岳国立公園と立山黒部ジオパークとの連携による保全と活用について」

 コーディネーター 鍛治 哲郎 氏(富山県環境審議員会委員、立山黒部ジオパーク保全部会会長)
 パネリスト   木村 慈延 氏(環境省立山管理官事務所国立公園管理官)
          竹之内 耕 氏(フォッサマグナミュージアム館長)
          磯野 剛太 氏(公益社団法人日本山岳ガイド協会理事長)
          水野 洋子 氏(立山黒部ジオパーク ジオガイド)

シンポジウムのチラシ(PDF)