TOPページへ

  平成26年度行事報告
冬の自然観察会【グリーンパーク吉峰】
                          平成27年2月22日(日) 
春一番が吹く中、冬の自然観察会が【グリーンパーク吉峰】一帯で、行なわれました。
4月中旬並み17℃にもなる陽気のフィールドに、老若男女85名も参加して頂き、春を待つ樹木の冬芽や葉痕・動物の足跡等を観察しました。

また、観察会恒例の雪上ゲームも行われ、豪華商品獲得を目指して頑張っていました。 
冬だからこそ観れる自然に親しみ、楽しいうちに終了いたしました。
          【暖かい日の冬山自然観察】
    

        豪華?景品のあたる【雪上ゲーム】
    

【志村会長挨拶】


開花中の【マンサク】


自然の営みの説明】

秋の自然観察会【さっかの寺での自然観察会】
                     平成26年9月28日(日) 

秋の自然観察会が眼目山立山寺周辺で行われました。
良いの天気の中、55名の参加者は班ごとにナチュラリストの解説を聞きながら杉並木・トガ(モミ)並木を歩き、400年と言われる歴史を感じました。
また境内の座禅石や櫛形山にも登り、森林セラピー堪能しました。

    


         【ゴンズイの実】
    

【志村会長の挨拶】


オクモミジバハグマ



櫛形山へ


初夏の自然観察会【美女平周辺】
                     平成26年6月1日(日) 

毎年恒例の初夏の自然観察会が美女平の森で行われました。
絶好の天気の中、約70名の参加者は班ごとにナチュラリストの解説を聞きながら新緑のブナ・オオカメノキ、樹齢2000年とも言われるタテヤマスギを観察しました。
また、栄さんによる森林セラピーについてのお話もありました。
オンバ杉の心痛む雪害の影響を観て、自然の厳しさを再認識もしました。

    

    

【志村会長の挨拶】






ネイチャーウォーク@−里山を歩く− 【桜ケ池公園周辺】
                     平成26年5月11日(日) 

平成26年度最初の野外活動が、511日桜ケ池公園自然の森で行われました。
さわやかな晴天の中、19名の参加者は地元ナチュラリストの小原さんに、桜ケ池や立野原の歴史について地図と写真の他、本物の銃弾に触れたりしながら説明を聞きました。
 そして、ソヨゴの小径を自然の面白さや、見所などを解説してもらいながら散策した後、車で立野原へ移動(途中地蔵様の祠の銃弾痕を見学)、本物の監的壕の中に入りそこから見える様子を体験しました。
まさに、タイムスリップしたような気分で、公園に戻り解散となりました。

【小原さんの解説風景】