TOPページへ

  平成28年度行事報告
ネイチャーウォークまるB−里山を歩く− 【二上山】
平成28年11月6日(日) 
協会としても初めて城光寺陸上競技場から登る。城光寺の滝では、不動明王の話を聞き空模様を気にしながら二上山へ。
山頂の手前で普及部手作りの豚汁を味わい昼食。山頂でブナ林の話を聞き大友家持像を見て下山する。 なを、出席者は28名でした。


     




【富山県ナチュラリスト上市大会】
平成28年10月30日(日) 
富山県ナチュラリスト上市大会は、式典、講演会「遺跡が語る上市の歴史」の後、秋晴れの中、千石城山登山口に集合しました
9班に分かれ自然観察会をしながら剣岳を遠望したり、クマのフンを見たり1時間半で頂上に。頂上では上市戦国時代の話を聞き、素晴らしい剱岳・立山連峰を満喫しました。
なを、出席者は88名でした。



【三千坊の森自然観察会】
平成28年10月2日(日) 

 氷見の仏生寺側から三千坊への散策路は、ほとんど知られていませんが、今回は、地元の方たちが草刈り、案内などをしてくれました。
 
山頂付近では、氷見川の絶壁の樹齢数百年のアカガシ林を見たり、山頂から氷見眺望、三千坊の由来などの話を聞き、栗、柿のなる里山を堪能しました。

下見ではオオスズメバチをみたので今回も用心していきましたが無事何事もなく終えました。
なを、今回の参加者は41名でした。

 
 








新緑の森【立山・美女平自然観察会】
平成28年5月22日(日) 

毎年恒例の初夏の自然観察会が、新緑の森【美女平】で行われました。
絶好の天気の中、今までの最高の約130名の参加者は、班ごとにナチュラリストの解説を聞きながら新緑のブナ・ユキザサ、樹齢2000年とも言われるタテヤマスギを観察しました。
また、急遽箆伊会員によるホウノキ生態史のミニトークもありました。

アトラクションとして、タテヤマスギ巨木の枝ぶりから雪の深さ当てるクイズも行い、美女平の自然も学びました。



    

    

質問のあった事について・・・これは何でしょか?
・ブナハキバツノフシと言う虫こぶのようです。
    
・ヨコムキオオヤマレンゲについて
  ある一部の地に横向きに花が咲いてるいるのがあり、そう呼ばれているようです。(本来は下向きに開花)

【志村会長の挨拶】


【ムラサキヤシオツツジ】


【新緑の森散策


【積雪クイズの正解解説


ネイチャーウォーク@−里山を歩く− 【千石城山】
平成28年5月8日(日) 

平成28年度最初の野外活動が、58日上市町の千石城山で行われました。
快晴の下、お子様から年配者まで43名の多くの方々の参加のもと、初夏の千石城山を満喫してきました。
登山口では咲き乱れるオオタチツボスミレの歓迎を受け、途中テンナンショウ、フタリシズカなどなど、上部の方ではあたり一面に乱れ咲くウワミズザクラ
に気をとられたりして歩みが遅くなったりしました。

頂上では剱岳を中心に迫りくる山々に圧倒され、まさに剱岳をみる特等席でした。


            剱岳の雄姿
    

               アズキナシ
    
 


オオイワカガミ



上にて


頂上にて・・・あの山は?