富山県民ボランティア総合支援センター

とやまボランティア・NPOナビ

  • 文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする
  • お問い合わせ
  • TOP
  • サイトマップ
  • このサイトについて

第28回富山県民ボランティア・NPO大会(2016 年10月14日(金)、29日(土)開催)

●第28回大会報告
 2016年10月、ボランティア・NPO活動の発信・参加・連携・交流を目的に、14日県総合福祉会館、29日富山市総曲輪グランドプラザで、参加者5,000人を目標に開催しました。
 会館では、作品展示・販売など9ブースを設けたほか、3団体がワークショップを開きました。1階ホールでは式典を行い、髙木会長、寺林副知事挨拶の後、表彰を行い、最後に「ベビーシッターサービス なぁーにー・ママ」の丸山理事長から大会アピールを宣言していただきました。その後、樋口恵子さんから「人生100年 すべての人に居場所と出番」と題して、ご講演いただきました。ご講演では、日本の少子化の経緯や高齢化の状況を説明され、さらには従兄弟等も含め近親者が少なくなっていく時代、あらゆる世代でボランティアを進め、支えられる側も支えなければ国がつぶれるとまでおっしゃられました。そのため、地域での縦割を崩し、地域でつながり、居場所を作る。そのための「一点接着主義(人はみな違うのだから、一端がつながっていれば他のことは棚上げ)」、「リアル・タイム主義(過去は問わず、現在の問題に取り組む)」や「納豆ワーク主義(人間十人十色だが、一人十色、いろいろなつながりが可能)」などラッキーセブンの法則を最後に説明され、約300名の方が熱心に聞いていらっしゃいました。
 グランドプラザでは、ボランティア等11団体がステージで意見発表などを行い、フロアでは作品展示・販売、活動体験など36ブースを設けました。あいにくの寒風・雨模様の中でしたが、クイズラリーなども実施し、応援に「きときと君」、「ハーティちゃん」も参加しました。来場者からは「いろいろな人との触れ合いがうれしい」、「良いイベントだ」などの感想などもいただきました。
 お陰をもちまして無事2日間を終えることができました。ご来場の皆様、参加団体や運営に協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 
大会開催結果概要
○来場者数(2日間):約5,200名
○発表・出展参加団体数:延べ56団体
○「一言メッセージ・川柳」応募者数:95作品
 
ボランティア・NPO「一言メッセージ・川柳」作品集